若干のリスクがある不動産投資。売却の判断は早めに

ヘッドライン

昨今使用用途がない不動産を持っているサラリーマン、または不動産を持っていないサラ…

続きを読む

フランチャイズには色々な種類があるが、不動産事業でも行うことができる。そもそもフ…

続きを読む

不動産担保ローンとは、自身が保有する不動産を融資の担保にして資金を調達する方法で…

続きを読む
リスク管理を徹底しよう

セレクション

住宅3

不動産と土地活用について

昨今使用用途がない不動産を持っているサラリーマン、または不動産を持っていないサラリーマンが副業として太陽光パネルを購入し売電による副業収入を行う人が多くなっている。土地活用として田舎の安い土地を購入し…

続きを読む

バブル

bubble

バブルの時代であれば、不動産購入することが一番正しい資産運用方法であった。
何故ならば、土地価値が青天井に上がり続け、東京の土地だけでアメリカ全土を買えるほどに高沸したからである。
バブル全盛期であれば、いくら借金をしようとも土地さえ買えれば何十倍もの金額になり戻ってきたため、資産運用というのは非常に簡単であった。
しかし、現在はどちらといえば不景気の時代となっている。
そのため、なんでも良いから不動産を買うというのはリスクが増すばかりになってしまう。
最近では、不動産購入して価値が上昇すれば売売却するというのではなく、他人に貸すことにより家賃収入を得るというのがメインとなっている。
そのため、昔とは不動産を選ぶ基準が大きく変わったのである。

ワンルーム

oneroom

不動産投資を始める際には、ワンルームマンションを選ぶ人が多い。
何故ならば、普通のマンション等と比べてワンルームマンションであれば購入費用が安いからである。
そのため、お金をあまり持っていない一般人であっても購入することは難しくない。
また、昨今では独身者が非常に多く不景気である。
一人暮らしであればワンルームで十分となり、不景気だからこそ家賃が安いワンルームマンションに住みたいという人は多い。
このような理由があるため、ワンルームマンションは借り主にも貸し主にも非常に人気となっている。

ローン

自分の購入した物件を改築、補修したい時に資金が足りないという可能性もある。
そのような場合、自分の持っている物件を担保に資金を借りることが出来る。
これを、不動産担保ローンと呼ぶ。
このローンを使うことにより、増改築等はある程度自由となる。
しかし、返済が滞ってしまった場合は担保となっている物件を取り上げられてしまうため、返済を滞らせないように注意する必要がある。


外部リンク

福屋工務店なら山科にもあります。山科でこだわりの住まいを建てるならこちらの工務店に相談してあなたの条件を満たす住まいを建てましょう。